妊娠中は魚に注意!?魚介類の食べ方とメチル水銀について

妊娠中に魚を食べてもいいのか?と気になる方がいらっしゃると思います。

そこで今回は、妊娠中に食べてもいい魚や水銀の話をしていこうと思います。注意すべき点や、魚の食べ方なども参考にしてみてください。

妊娠中に魚を食べてもOK?

妊娠中は魚の種類や量に注意すれば、魚を食べても問題ありません。むしろ、魚には妊娠中に必要な栄養素が含まれていますので、積極的に食べていきたい食品でもあります。

魚の栄養素と作用

DHA

ドコサヘキサエン酸という成分、通称DHAが魚には豊富に含まれています。中でも、マグロ・イワシなど青魚に多く含まれています。血行を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧などを予防する効果が期待できます。

妊娠中にDHAを摂取すれば、早産の予防に効果的だという事が分かっています。

カルシウム

赤ちゃんの歯や骨を作るために必要なカルシウムは、魚の中に豊富に含まれています。1日あたり650mgのカルシウムを摂取するのが目標です。

タンパク質

胎児の筋肉や血液を作るために必要なタンパク質は、産後の体を回復させるためにも欠かせません。妊娠初期から出産後まで継続して摂取していただきたい成分です。そんなタンパク質が、魚には豊富に含まれています。

妊娠中にDHAの摂取が推奨されているワケ

妊娠中に注意すべき魚とは?

妊娠中にも積極的に魚を食べていきたいのですが、魚の種類によっては摂取しないほうが良い魚もあります。それは、「メチル水銀」という有害物質が含まれている魚です。メチル水銀を多量に摂取すると、胎児の発育に悪影響が出てしまう可能性があるのです。

それでは、メチル水銀を含んでいる注意すべき魚をご紹介しましょう。

メチル水銀の含有量が多い魚

キンメダイ、マカジキ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ、マバチ、キダイ、ユメカサゴ、マッコウクジラなどの魚です。

ただ、この魚を絶対に食べてはいけないという事ではなく、種類によっては1週間の摂取量が決められているので、量をチェックしながら食べる分には問題ありません。それでは、上限摂取量をご紹介しましょう。

妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項 – 厚生労働省

メチル水銀が含まれる魚の上限摂取量

こちらは1週間で摂取してもいいグラム数になります。

  • クロマグロ:80g
  • ミナミマグロ:160g
  • メカジキ:80g
  • メバチマグロ:80g
  • キンメダイ:80g
  • マカジキ:160g

だいたいですが、80gは1食で食べる魚の平均になっていますので、切り身なら1切くらいで、刺身なら1人前に相当します。ですから、週に1回だけ、クロマグロの刺身を1人前食べるのであれば、何も問題はありません。

魚の種類と組み合わせを考えながら、上手くバランスを取って摂取するといいでしょう。

妊娠中でも食べていい魚

水銀の含有量が少ない魚であるならば、妊娠中に食べても何も問題はありません。水銀の含有量から考えて、妊娠中に食べても問題がない魚を厚生労働省が公表していますので、ご紹介しましょう。

妊娠中に食べられる魚の種類

キハダマグロ、カツオ、メジマグロ、ビンナガマグロ、サケ、バ、アジ、サイワシ、タイ、サンマ、ブリ、ツナなどの魚です。

妊娠中に気を付けるべき魚の食べ方

妊娠中は上記で紹介した、食べても問題のない魚であれば積極的に摂取していただいて大丈夫です。ただ、魚の食べ方に関して1つ注意があります。それは、刺身や寿司などの生魚を食べる時です。

生の魚介類には食中毒を起こす「ノロウイルス・腸炎ビブリオ」などの細菌が生息している可能性があります。妊娠中というのは、免疫力が低下している状態なので、こういった細菌にすぐ感染して食中毒になるリスクが高いのです。

妊娠中に食中毒になっても、飲める薬は限られていますし、下痢や嘔吐などの症状が原因で胎児の発育に悪影響が及ぶ可能性があります。

ですから、妊娠中に生魚を食べるのは少し控えたほうが良いかなと思います。ただ、どうしても食べるのであれば信頼できるお店や、鮮度がいいものを選んでください。