赤ちゃんへの影響は?避けられない食品添加物のリスク

日本というのは、食品添加物に対して海外と比較すると厳しい基準がありません。ですから、今でも普通に販売されている食品には、たくさん添加物が使用されているのです。

さて、食品添加物は体に悪いと言われていますが、やはり妊娠中のママもできるだけ摂取しないほうが良いものだと言えます。食品添加物は、赤ちゃんの染色体異常、奇形、流産、早産、発がん性など様々なリスクを高める危険性を含んでいますので、気を付けなければいけない成分なのです。

今回は、妊娠中に避けるべき添加物について、詳しくお話をしていきたいと思います。

そもそも添加物ってなに?

添加物というのは、妊娠初期に特に避けるべきだと言われています。様々な食品に含まれているので、添加物を避けることは難しいと考えられます。ただ、添加物全てが妊婦さんに悪影響を及ぼすわけではありません。

多少であれば摂取しても問題がないのですが、多く摂取すると危険な添加物などもあります。中でも、乳化剤・保存料・着色料などは危険な添加物だと言われていますので、出来るだけ避けるようにすることをお勧めします。

添加物が含まれる食品とは?

食品添加物というのは、スーパーやコンビニなどで売られている食品のほとんどに含まれていると考えていいでしょう。

それから、飲み物にも添加物が含まれていることが多いので、売られているものはすべて添加物が入っているという認識でもいいくらいです。

添加物の種類と胎児への危険性

添加物には、どのような種類があるのか?どんな食品にどんな添加物が含まれているのかを、ご紹介したいと思います。

赤色系添加物

赤色系添加物というのは、食品を赤く色付けるものです。主に、加工食品の「ベーコン・ソーセージ・かまぼこ」などに使われています。

それから、場合によって「たらこ」の見栄えをよくするためにも使われていることがあります。お菓子類にもたくさん使われています。

アメリカなどでは使用禁止になっている添加物なのですが、日本人はまだ口にしているというのが恐ろしいですね。赤色系添加物は妊娠初期の染色体異常、発がん性の危険が高くなるので注意してください。

緑色系添加物

緑色系添加物というのは、主に清涼飲料水やスイーツ類などに含まれています。合成着色料と呼ばれており、染色体異常や骨髄形成不全などのリスクが高くなります。

防カビ剤

賞味期限や消費期限が長く設定されている食品がありますが、これらは防カビ剤が使用されている場合があります。

防カビ剤はフルーツに多く使用されているので、皮を剥くときなどに手に付着する可能性があります。

酸化防止剤

油を使っている食品というのは、酸化しやすくなっていますので、酸化防止剤が使われています。妊娠初期のママが気を付けるべき酸化防止剤は「プロピレングリコール・ブチルヒドロキシアニソール・ジブチルヒドロキシトルエン」などです。

マーガリン、バターなどに多く使用されており、奇形や発がん、染色体異常の危険性が高くなります。

乳化剤

乳化剤というのは、食品がとろっとするのに必要な添加物です。アイスクリーム、ケーキ、マヨネーズ、マーガリン、チョコレートなどに含まれています。

乳化剤は「ショ糖脂肪エステル」と記載されているものが、1番有名です。

保存料

食品が長期間にわたり傷まないようにするために使われるのが、保存料です。保存料というのは、とてもたくさんの食品に含まれています。加工食品などにもたくさん使われていますので、保存料が入っていない食品を探すほうが難しいかもしれません。

「安息香酸ナトリウム・亜硝酸ナトリウム・亜硫酸ナトリウム」などと明記されているものが、保存料です。奇形や染色体異常の危険性が高くなります。

人工甘味料

低カロリーやゼロカロリー食品などに使われることが多くなった、人工甘味料も添加物です。スイーツ、スナック菓子、ダイエット食品などに使われています。

染色体異常、発がん性があると言われており、目に奇形が出る、体重減少、脳障害、ポリープなどの危険性が高くなります。

人工甘味料の中でも「アスパルテーム」というものが、特に危険だという事が分かっています。それから、カナダでは使用禁止になった「サッカリン」という人工甘味料も危険です。

食品添加物 |厚生労働省

添加物を避ける方法は?

添加物はとにかく様々な食品に含まれていますので、妊娠初期であればできるだけ食べるものは手作りをするといいでしょう。スイーツなども販売されているものは、添加物が入っていますので、自分で作ってみると良いと思います。

野菜や果物はしっかり洗って皮を剥いてから調理をします。それから、賞味期限が長く設定されているものは、添加物が含まれていますので、賞味期限が長いものは避けるようにしましょう。できるだけ、国産の食品にこだわると酸化防止剤や保存料などを避けることもできます。

野菜や果物を作っている農家が分かる商品を選ぶと、添加物の危険性が低くなります。それから、加工食品には添加物が含まれていますので、ハム・ウインナー・ベーコン・かまぼこなどは避けるようにしましょう。