激辛大好き!妊娠中に辛い食べ物は良くない?

辛いものが好きな人が増えています。つまり妊婦さんの中にも、辛いものが好きな人はたくさんいるということです。ただ、妊娠すると辛いものは食べてはいけないというイメージがありますが、どうなのでしょうか?

今回は妊娠中に辛いものを食べてもいいのかどうか、そしてその影響などについて詳しくご紹介したいと思います。

妊娠中に辛いものを食べたら赤ちゃんに影響は?

妊娠中に辛いものを食べると、赤ちゃんに悪影響が出てしまうのではないか?と心配になります。

辛いものというのは、香辛料や調味料などがありますが、いわゆる刺激物と言われるものですね。刺激物と聞けば、やはり赤ちゃんに悪影響が出るというイメージがありますが・・・

適量であればOK

実は妊娠中に辛いものを食べても問題はありません!ただ、辛いものを食べる時には適量を意識してください。食べすぎてしまうと、刺激物なので妊娠中でなくても体によくありません。

ホルモンバランスのせい

辛いものが食べたくなるのは、ホルモンバランスが変化しているから、という場合もあります。

妊娠前は辛いものに興味がなかったのに、妊娠したら辛いものに目がない人間になってしまったという妊婦さんもいらっしゃいます。

辛いものを食べたいという欲求を我慢して、ストレスが溜まってしまうと、それもまた不健康なので、先ほども言いましたが適量を意識して食べるようにしましょう。

なぜ妊娠中は辛いものを食べてはいけないと言われているのか?

妊娠中に辛いものを食べてはいけないと言われている理由について、お話をしたいと思います。

胃痛

妊娠中はプロゲステロンというホルモンの影響で、胃腸の働きが低下してしまいます。そんなところに辛いものが入ってきたら、胃痛の原因になってしまうからです。

胃腸の機能低下が出ている間は、辛いものを摂取しないほうがいいでしょう。

下痢

辛い料理には唐辛子が使われており、カプサイシンが含まれています。カプサイシンを大量に摂取すると、自律神経の交感神経が緊張するので、下痢を引き起こしやすくなります。

さらにカプサイシンの刺激が胃を傷つけてしまい、消化不良で下痢になることもあります。

便秘

やはりこちらも唐辛子に含まれるカプサイシンが影響して、消化器官の働きを抑制してしまい便秘になってしまう事があります。便秘が続くと痔になる可能性もありますので、注意が必要です。

塩分

辛いものには塩分が多く含まれている可能性があります。塩分を過剰に摂取すると、妊娠高血圧症候群になる可能性もあります。

すると赤ちゃんに栄養をしっかり与えることが出来なくなったりして、母子ともに健康な状態ではなくなってしまうのです。ですから、塩分が多いものかどうかをしっかり確認してから、食べるようにしてください。

このような心配があるという事で、妊娠中は辛いものを食べないほうが良いと言われています。上記に気を付けて、適量を食べるだけであれば問題はありませんので、意識をしながらしっかり管理をして食べていきましょう。