水?お茶?妊娠中の水分補給と飲み物について

妊娠中というのは、喉が渇きやすい人が多いです。ただ、妊娠中に飲んでいいものというのは、やはり限られてきてしまいます。妊婦さんの中には、何を飲んだらいいのか分からない!という方も多いでしょう。

そこで今回は、妊婦さんにオススメの飲み物と、避けていただきたい飲み物をご紹介したいと思います。

妊娠中は水分補給をこまめに行う!

妊娠中は赤ちゃんを守るためにお腹周りに脂肪が増えますし、糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝や水代謝などが変化します。すると、妊婦さんは汗をかきやすくなりますので、すぐに喉が渇くようになります。

それから、妊娠初期には悪阻で苦しんで水分を摂取できないことがあります。吐いてしまうと脱水症状を引き起こしますので、こまめに水分補給をすることを忘れないようにしましょう。

特に暑い夏場は水分をしっかりと補給してください。悪阻がひどくて飲み物が飲めない場合には、氷を口に入れておくだけでもOKです。

妊娠中にオススメの飲み物

妊娠すると、カフェインやアルコールなどを摂取してはいけないと言われています。それでは、妊娠中はどういった飲み物を飲めばいいのか?という事で、こちらで妊娠中にオススメの飲み物をご紹介したいと思います。

麦茶

麦茶というのはノンカフェインなので、妊娠中に飲んでいただいて大丈夫です。さらに食物繊維やミネラルがたっぷり含まれていますので、妊娠中にオススメなのです。

ただ、麦茶は体を冷やす作用がありますので、常温かホットで飲むのが理想です。

ルイボスティー

ハーブティーとして知られるルイボスティーは、子宮収縮などの悪影響がないので、妊娠中に飲むのに適しています。鉄分やカルシウムが豊富に含まれているのも、妊婦さんにオススメの理由です。

小豆茶

小豆というのは、血行促進作用をもつポリフェノールが豊富に含まれています。さらにミネラルやビタミンも含まれているので、妊娠中にオススメです。

タンポポ茶・タンポポコーヒー

タンポポには血行促進作用や快便作用があります。さらに母乳の出が良くなるという事なので、出産後も飲み続けるママさんが多いです。

妊娠中はなるべく避けたい飲み物

妊娠中は避けていただきた飲み物がありますので、妊娠が発覚したらこちらの飲み物は飲まないようにしてください。

アルコール・お酒

妊婦さんがアルコール類を摂取すると、赤ちゃんに悪影響が出てしまいます。

成長が遅れたり神経系に異常が出たり、胎児性アルコール症候群になる可能性があるので気を付けてください。

カフェイン・タンニン

妊娠中のカフェイン摂取量と胎児脂肪リスクについて、様々な研究結果がでています。やはりカフェインは胎児に悪影響を及ぼすものなので、コーヒー・紅茶・緑茶などは避けるようにしましょう。

それから、コーラや栄養ドリンクにもカフェインが含まれていますので、飲み過ぎないようにしてください。カフェインが入った飲み物も、1日にコップ1杯程度であれば問題はありません。

それから、コーヒーや紅茶、烏龍茶に含まれているタンニンは、鉄分の吸収を妨げる作用があるので、気を付けてください。

緑茶タンニンと鉄に対するクエン酸の作用